« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

ミナミとキタ(端じゃおません3)

性格の違う街ですな、ミナミとキタ。確かにセンスはよろしいが何処か落ち着かないと言うか身の置き場所に困るんであります。
好みとしてはミナミであります、ハイ、がさつな人間向きで。

キタとミナミの相違を象徴してるとは思いませんか。
①HEP FIVE ②EBISU TOWER


西梅田の開発現場ミナミとは明らかに違う。


この素っ気無さミナミはナンバ。


    ブランドショップ(西梅田)庶民には入れないが心
    斎橋の同じショップはそうでもない(リッツ・カール
    トンホテルのショップだ、庶民は行かない)


この時期何も無いが「サマー/年末ジャンボ宝クジ」のシーズンになるとテント村が出現、何事かと思うほどの賑わいを見せます。この時期だけは一攫千金夢見る庶民の場となります(大阪駅前第4ビル)毎回確実に億万長者が誕生してるとの噂が。




大阪マルビルの屋上の電光掲示板以前は良く見えたのに今じゃ電光掲示板も消えた、周辺の開発で大きなハコが出来て霞んでしまった。今はむかしだね。

続きを読む "ミナミとキタ(端じゃおません3)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/28

ミナミ(端じゃおません2)

ちょくちょく行く割には知らない事が多い、と言うか行動範囲の関係か思わぬ場所で、思わぬ発見が(ただ単に気が付かなかっただけと言う声もあるが)街は動いてるって事か。


心斎橋にミズノのショップがあるのを知らなかった、9/21OPEN,
毎度前を通りながら


心斎橋のアーケード天気のいい日は天井がOPENするなんて今まで全く気が付かなかった。


道頓堀に「えびすタワー」なんて物があるのも気が付かなかった。ちょいと遊歩道歩けば目につくものを、しかもこんな度派手なものを、ドンキーの店舗と気づいて妙に納得した


ソニータワービルが取り壊され更地に。梅田に移転したのは知ってたが建物まで消えて無くなってるとは、某地銀の元頭取が心斎橋界隈に所有地があると聞いたことが、ひょっとしてこれもそうかな?某地銀の支店も消えてるし


高島屋増床建物建設用地?、前の建物が撤去されたのも知らなかった、前のタワーレコードに時々行くのに

続きを読む "ミナミ(端じゃおません2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/26

串本(本州四端協議会のうち最南端)

本州最南端の町串本は人口20,364人(6/10/1現在町広報)の過疎が進む田舎の町だ。平成12年の国勢調査に因ると65歳以上の構成比率30.7%(全国20.3%)今年7月度の出生9人に対し死亡22人差し引き-13人、この状況は久しく続いて自然減の傾向が定着、おまけに高校を卒業すると地元では就職先がほとんど確保出来ないため大半が京阪神方面に流出、マイナス要因ばかりが目につく。人口減少の歯止めは懸かりそうにもない
Img_0422

第一次産業がメインの串本、弥生時代と言われる笠島遺跡から船底が出土し古くから漁労が行われていたことを物語っている

Photo_22

話し言葉がそのままの注意書、漁業従事者向けです、一般はこの辺り立ち入らない

Photo_23

潮崎本之宮神社の拝殿の柏槙の老木、由緒によれば神社は応神天皇の建立によるものと。境内から弥生時代の土器が出土している

Photo_24

今も改修工事が進むが獲る漁業に明日はあるのだろうか、車と比較するとクレーンの大きさがわかる(第一豊号1800t吊)

Photo_25

本州最南端の最寄駅当然最南端の駅と言う訳で

Photo_21

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/24

本州最南端

本州4端のうち最も手近な本州最南端へ行ってきた、と言えば聞こえはいいが何のことはない実家に帰っただけのこと。ブログの検索で「串本」だの「本州最南端」と入力すれば毎日沢山の書き込みがヒットする有様に敢えて私的好みで・・・・・。もっともHITする大半はダイビング関連だが。
Photo_12 最南端モニュメント
これ以外に有るのは年代物の観光タワーとみやげ物屋さん、昔は露店とか旅館もあったが今はご覧の通り。タワーの展望台から丸く見える太平洋と沖縄の万座毛よりは広い望楼の芝、季節によっては絶品です
Imgp0010_2

潮岬と言えば灯台です、高浜虚子も見たであろう灯台はこんなだったかな?
灯台を花の梢に見上げたり」の句碑が潮御崎神社の参詣道脇にあるが気をつけなければ見落とします
白亜の灯台は何時見ても美しい

Photo_14

上りの螺旋階段下から撮って見たがスカートの中を覗き見する様で品が悪いかな


   
Photo_15

以前は台風といえば潮岬がクローズアップされる事が少なくなかったが最近はとんと聞かない。が風の強さに木々が海側から陸地に流れてる(ハワイ島のサウスポイントの木々から比べれば可愛いものだが

Photo_16

この付近まだこんなのが咲いてます(馬坂付近)

Photo_17 Img_0415

Photo_18 「私しゃ串本両浜そだち」馬坂から見れば串本は潮岬台地(島)が砂州によって本州と結びついた上に発達したと言うことが一目瞭然に判る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/21

知られざる自然誌「紀伊大島自然誌」(本州最南端に行くまえに)

本州最南端の東隣にある紀伊大島の自然や地質、植物に興味を持っている人達のための「紀伊大島フィールド・ガイド 自然編」が出版されている。京大フィールド科学教育研究センター紀伊大島実験所梅本信也氏が執筆地元黒潮文化研究会(代表梅本信也、木本隆三副代表)が2003年出版したもの。4_1
自然文化に関心を持つ大島を主とした住民と学者との交流から「黒潮文化研究会」が生まれた。島民でも観光客に島のことを尋ねられても答えられない事が多いのが現状で且つ大島を熟知する人は皆さん高齢で今の子供達は自然での遊び方を知らないし、その子供達の母親の70%が島外出身者と木本さん。串本大橋が出来て島が島で無くなって行くとともに自然環境の変化に危機感を感じたのは梅本さんも同様で巡航船を頼りに暮らしてきた住民の生活感覚や生態系が急速に変化してゆく中、変わる前に島の記録を残さねばと本の自費出版を考えていた住民と学者の思いが一致して2年がかりで島の自然ガイドブックを作成、発刊された。
貴重な動植物の存在も乱獲に火をつけないよう記載には十分配慮がなされている。(礼文島の案内誌も貴重な植栽の生息場所は記載されていない)この本が刺激になって大島を語る仲間が増えてほしい、反響が楽しみと木本さんは語っている。2003年の発刊であるが地元向けに作られた経緯から本書について世間にそれほど知られていないものと思われる。
非売品であるが2000部印刷された様なので興味のある方一度問い合わせて見ては(0735-65-0554黒潮文化研究会木本副代表、2003年発刊当時の連絡先です)

続きを読む "知られざる自然誌「紀伊大島自然誌」(本州最南端に行くまえに)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/19

アメリカ最南端

アメリカ最南端は何処かと思ったら何とハワイ島にあった。そうとは知らず行って来た。11号線からSouth Point Roadを辿ればそのままKa
Lae Point に達する。但しこのSouth Point Roadはレンタカーは乗り入れできない(と聞いたような)。我々の感覚からすれば何てことの無いただの簡易舗装?の道路と思うが彼の地の人にとっては道の感覚ではないようだ。対向出来ないと言う理由もある。何も無い原っぱの道を走るのに対向も問題無いと思うが所謂道路敷の部分が対向できないからダメなんだとか。まぁレンタカー乗り入れも自己責任でと言うことで。
Ka Lae Pointに行く道すがらあるものと言えば林立する風力発電機群とポツポツとある住宅のみ。しかし場所柄いつも強い風の吹いてる所での生活は大変と思うが当人達はそれが日常と言うことなのか。


South Point Road       強風で木も斯くの通り
                  
①②Ka Lae(South pPoint)アメリカ最南端の地




Ka_lae_1
③South Point Road沿いの風力発電機群


                   


 ④         ⑤          
④ハワイ諸島最古の教会Mokuaikaua Church(Kailua
  Konaにて)
⑤Akaka Falls


続きを読む "アメリカ最南端"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/15

ミナミ(端じゃおません)

なんば、心斎橋筋界隈にマルイ開店のエールが、心斎橋筋、戎橋筋が「なんばマルイ」開店に合わせて集客力の拡大を目論む。そごう心斎橋開店のインパクトも落ち着いたし、新たな起爆剤として。以前中央区と南区合区の折「ミナミよ何処へゆく」なんてコピーがあったがどっこいミナミは元気だっせ







ここは何時来ても老若男女が溢れてる、ご存知なんば花月。







なんば再生の目玉「なんばパークス」2期工事進行中、それに「ナンバ高島屋」も増床計画を発表した。何年か後に随分ハイカラな街になると思うが我々にとってはミナミはミナミで有り続けてほしい。



ナンバ付近には日本橋(関西はにっぽんと読む)電気街、規模は小さいが道具屋筋、デパートもあれば仏壇屋さんまでも。その上食い倒れの街だ、うどん、ラーメン、お好み焼き、たこ焼き庶民の味なら何でもあり。お願い「キタ」の真似はせんといてや。

続きを読む "ミナミ(端じゃおません)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/13

BAJA CALIFORNIA SUR 2

前回とは違う角度のCabo San Lucasは如何?今回も古いネタ含みですが2度目のときはJTB現地事務所が出来てたり私達親娘がリピーターと知ってオネーサン達目が点になってたのを思い出した。ここはマリンスポーツのメッカですからあっちこっちに日本人オーナーのダイビングショップが出来てました。

不肖私もsnorkeldivingを楽しみました、一応紀州育ちですから。


San LucasもDown Town一歩外れると何処を向いてもこんな感じ


Cabo San Lucas市街夜景


Mi Casa、行く度変わってたからこの姿も変わってるのでは?でも味は旨かったの一言、但しハエの多いのには閉口しましたね。


日中はやってるのかと思うほどご覧の通りの静けさ


BAJAの電気メーター湿度と塩害で痛み早そう、丸いのが気に入りマシたね。



酒屋さん、メキシコのCERVEZA(ビール)はColonaにTECATE、日本のキリン、アサヒってとこでしょうか
但しここSan Lucasで目に付いたのはTECATEでした 


Cabo San LucasのDown Town
Photo

メキシコこれなくして朝は始まらない

BAJA CALIFORNIAの日本語のガイドブックって見かけない。

minorityなのかな?㊧2冊は英語版につき読めません(汗)。



   

natural stone accessary shop

沖縄離島情報JTAのHPです

続きを読む "BAJA CALIFORNIA SUR 2"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/11

阪神優勝ならず!

私も関西人、確立の低いのは承知していたが残念。

しかし、今年もプロ野球を盛り上げたのは紛れもなく阪神だ。

道頓堀のグリコの看板また見たかったなぁ。





   

natural stone accessary shop

本州最南端のお店です



沖縄離島情報は・・・




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/10

番外尾瀬

以前から尾瀬に一度は行って見たいと思いつつ現役時代は願いがかなわなかった。年中休みの今となってやっと思いを果たす事が出来た。夏の楽しみの一つだが毎年必ずとは行かず。








桧枝岐村営「尾瀬御池ロッジ」ここは相部屋が一切ないのがありがたいが山の楽しみには相部屋でいろんな話が聞けるのでそれも楽しみの一つと思う。ブナの森ミュージアムも併設されて居り尾瀬入山の予習には役立つかも。


ご存知尾瀬のトレードマーク三本カラマツ。尾瀬は百名山の燧ケ岳、至仏山の登山ベースにも格好の立地。


桧枝岐村営尾瀬沼ヒュッテ、ここも御池ロッジと同様相部屋なしです。ここウッドテラスからの燧ケ岳の眺めは上等です。
Img_0502
沼尻からの尾瀬沼
尾瀬には何度も行ってるが未だにミズバショウは見ること適わずです。またの機会に続編雨中の至仏山等

asta Luego



Logo2 natural stone accessary shop
http://8888888.jp/


沖縄の旅はここから始まる

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/08

BAJA CALIFORNIA SUR

この先がEl Arcoそれより先陸地なし、左側の丘陵地にはハリウッドのスターの別荘が林立?
79

Melia San LucasからEl Arco眺望



El ArcoここがBAJA CALIFORNIAの最先端紛れも無く半島の最南端です。

ANAが「仕事も悩みも置き去りにしてでかけよう。はじめて出会うヴァージンリゾート」のキャッチコピーでLOS CABOSのツアーを始めたのが最初?だったか雑誌「プレジデント」でこれを見つけた娘に誘われてホイホイと出かけた。ロス経由San Jose Del Caboへ何故か乗った飛行機がAlaska Airlines,一瞬アンカレッジに行くのかと錯覚した。砂漠とサボテンと赤茶けた風景のなかを飛んでSan Jose Del Caboへ、こんな所にリゾートがあるのかと思ってしまうほどだった。着後ANAの現地スタッフに案内されて一路ホテルへ。

途中北回帰線を横切りコルテス海と大きなホテル郡が目の前に現れ無事ホテルへ。そこで聞いた話しではLos
Cabos
に入ってる日本人は私たち親娘と新婚さんの2組だけと。

最初のLos Cabosの旅はそんな時代だった。当然英語非対応の私は娘の後について行く他成術なく、しかし楽しいLos Cabosツアーではありました。
その後ジョン・スタインベックの「コルテスの海」に触発されてまたまたLos Cabosに(当然娘も一緒)、で前回と著しく違ったのはSan Jose空港に日本語の「いらっしゃい」の垂れ幕が、町には日本食レストランと目を奪う変りように驚いた。
1a_1しかしそれでもまだ開発途上と言ってたから現在は何処まで変貌しているのか想像がつかない。ダイビングもLaPazとともに人気らしくそれだけ日本人も増えてるって事でやはり日本はリッチなんでしょうかね。El Arcoもラバーズ・ビーチもしっかり極めてるので端っこ行きの目的は達してるが暑い所は暑い時期に行くのがベストと沖縄辺りでは
いいますが、ここに限っては冬がベストシーズンでは無いかと私的にお勧めします。

3度目を計画したいが以前の様な静かなCabo San Lucasが失われてるようで気持ち半分の(年齢も加味して)今日この頃だ。(本BLOGは以前に旅した記録を一部流用してます。そう、いい歳したおっさん(+娘)がこんな所にまで行ったさ~と)

本州最南端のnatural stone accessary shopです 


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

本州4端

44ea65ee002_1

あまり知られているとは思えないが本州4端協議会なるものが下関市役所のHPにある。岩手県宮古市(東端)山口県下関市(西端)和歌山県串本町(南端)青森県大間町(北端)の4市町村の団体で本州4端縦断ラリーなるものが行なわれている。4端に到着した証明書のコピーまたは到着した事が分かる本人の写った写真を添えて送ると走破証明書が送られてくる。(詳細はHP参照)暇と覚悟の出来る方は挑戦して見ては如何?とは言っても最寄の駅からスグなんて端っこは無いですからねぇ。それなりの時間と体力のある人でないと走破は大変だと思いますよ。東京、大阪に行くのであれば交通の便も良いので思い立ったら行動に移せますが東端宮古市の魹ヶは最寄りのバス停下車徒歩80分途中に車道に抜ける道はなしと宮古市のHPに、さらに北端大間町に至ってはJRはなし国道279号線で入る他なし。最寄駅JR下北駅からバスで1時間30分と大間町のHPに、何れもプランの段階で挫折しそう。下関市は幹線沿いで利便性は良いが西端毘沙の鼻に行くにはそれなりに時間がかかりそう。南端串本町はJR串本駅からバス17分で潮岬に到着できるからまぁ良いかと、しかしながら下関市は観光資源も豊富で周遊ルートに入れれば一挙両得と言える。但し、私の前提がJR利用ですので車前提とは条件が違ってくる。要するにスンナリ行ける先端はないと考えるのがよろしいかと(だから行く価値があるのかも)思いますよ。

本州4端協議会が有るのだから日本4端協議会はないものかと検索して見たがHITしなかった、存在しないのかな?最東端根室市納沙布岬、最西端与那国町西崎、最南端竹富町波照間海岸、最北端稚内市宗谷岬(何れも有人条件)こっちの方がそそられるが時間に+して懐具合も勘案しないといけませんな。

asta Luego

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

Google Earth

今更と思いつつGoogle Earthを使って見た、あまり期待はしてはなかったがハマってしまった。以前旅した海外のホテルや行った先々が確認出来るではないか、特に人口密集地域は結構鮮明で時間を忘れてしまった。これなら日本4端どころか世界の4端も机上で難なく見る事が出来る。しかも普通では見ることの出来ない空からの眺望が我が家の部屋から時を選ばずに、とは言えここからは空気も風も何も伝わってはこない(当然か)がいつかは行って見ようと思う場所に地上からでは見ることの出来ない角度からその地域の状況が見られるのは楽しいものだ。使い方によってはますます楽しみが広がりそう。

asta Luego

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »