« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/25

小江戸川越(前編)

 江戸を守る北の要衝として重視された川越に様々な江戸文化が伝わり「小江戸」と呼ばれる発展を遂げた。それかどうかは知らないが「鉤の手」「丁字路」「袋小路」「七曲り」等城下町の名残が随所に見られ、これが訪問者をまごつかせる。
 ところで川越へのルートはJR川越線、東武東上線、西武新宿線で行く事が出来る。川越を探訪するには何かと便利な西武新宿線の終点本川越駅の利用がお勧め。時間に任せて歩くにも、また小江戸巡回バスで巡るにしても何とも都合が宜しいようで。そうボンネット型のレトロなバスは雰囲気も満点な上に観光客以外にも地元の皆さんの利用も多くて何とも楽しい。そうなんです狭い道路を走るので大型バスは走れなくて今流行のコミュニティバスの性格も合わせ持ってるようです。
 此度は小江戸巡回バスに乗ってお手軽に名所旧跡を巡りましたが運悪く市立博物館は休館でここで川越のネタを仕入れようと思ったが大きな思惑違いで。
 名所の他に名物にイモが有ります、聴くところに依ると江戸時代後期江戸で焼き芋が流行、数ある産地の中で川越のサツマイモが甘味がが有って美味しいと評判となり江戸っ子が認めるブランド商品に定着したと言われている。
 喜多院=平安時代の創建と言われているが故事によると奈良時代までさかのぼるかも知れないとも。ここには江戸城内に有った書院式建造物が喜多院に移築され現存している。「家光誕生の間」「春日の局の化粧の間」と呼ばれる客殿や書院を見学することが出来る。徳川ゆかりの寺であった関係から寛永15年の大火で焼失した喜多院再建のため江戸城紅葉山の別殿が移築され客殿、書院、庫裏に当てられたためです。
 小江戸の原型も寛永15年の大火がきっかけに築かれたと言われています。新河岸川の舟運によって江戸との交流が活発になり江戸文化の影響を受けて「小江戸」と呼ばれる繁栄を遂げていったそうです。
ウェブ アニメータ
①仙波東照宮(国指定重要文化財)②慈眼堂(国指定重要文化財)③慈恵堂(県指定有形文化財)比叡山延暦寺第18代座主の慈恵大師良源(元三大師)をまつる堂宇です。大師堂として親しまれ、潮音殿とも呼びます。④文化財をつなぐ渡り廊下。詳細は喜多院をご覧ください。*どれがどれだか分からない場合④の渡り廊下から類推下され。


 何処の社会にもこういう方は居られますようで。皆さんの会社、ご家庭にいらっしゃいませんか?
 五百羅漢、この羅漢は川越北田島の志誠の発願により天明2年(1782)~文政8年の約50年にわたり建立されたもので十大弟子、十六羅漢を含め533体+中央高座の大仏に釈迦如来等全部で538体が鎮座している。
     
 時の鐘(残したい日本の音風景百選認定)一番街の中心から東に位置する高いやぐら、川越のシンボルです。川越藩主酒井忠勝によって設けられたと言われる「時の鐘」は城下に時を告げる時計台であった。現在の物は明治26年の川越大火で焼失翌年再建されたもので寛永の創建時と同様にくらしに根付いた時を告げている。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/02/20

波照間島(extreme southern tip of Japan FINAL)

 石垣島の離島桟橋から波照間島へは安栄観光の高速船を利用する(RACと言う手もある)。田舎の巡航船(橋が架かって廃業した)と比較するとすっ飛んで行く感じだが安栄観光の高速船では遅い方とか(記憶では32Knot(1852×32=時速59kmだよ)乗り合わせた乗客に聴いたが定かに非ず。

 波照間は人口約570余人、畜産農家26軒ほど、小学校児童23人中学校生徒19人ヤギ4頭。竹富町の町役場の出張所がある、その竹富町役場は石垣市にある。石垣市、竹富町、与那国町の3市町村合併構想も有ったが今は静かだ。反対論も多くそれぞれに歴史と伝統があり国境近くの島々という特殊性もあって難しいのだろう。どこの島も人口減の歯止めがかかってないのが現状だが石垣島のみは例外(2000~2005年増加率4.3%)。
 離島は日本の未来図なのである。急速にやってきた少子高齢化と今後確実に進む人口減の行く末がここに凝縮されている《西暦3000年には日本の人口29人(今の状態で減り続けると)になるとか。実感はないが993年先の予測なんて非現実的とは思うし凡人には想像もつかぬ》。日本最南端の有人島波照間も将来どうなるんだろうか。今日も南の突端高那崎に風波が面々と岩肌をかんでいる。

 人頭税徴収の役所の名残とか聞いたが。
Tax_office  日本最南端平和の碑。平成7年の終戦記念日に建立された。
Peace_monolith  小さな島では有るがサトウキビ畑は広大だ。日本のサトウキビは国際価格の8~9倍だとか。しかしながら評判の波照間製糖の黒糖は掛け値なしに旨い。
Sugar_cane  高那崎に咲いてたモンパノキの花、この辺りに群生している。日本では南西諸島と小笠原に自生しているとHPに記載があった。これはまだ蕾の段階です。

 ニシ浜この海の色将来も変わらぬ風景で有って欲しい。海中にはクマノミが結構泳いでるそうです。

◎余談その1。
 波照間島は北緯24°02′25″ 東経123°47′16″だそうです。が波照間の何処を基準にこういうポイントが決められているのだろうか、あまり気にする必要性のない疑問であるが。
◎余談その2。
 「幻奇島」という西村京太郎氏著作の推理小説がある、舞台は御神島と言う架空の島なのだが波照間島がモデルとHPで見かけた、真意の程はいかに。


文中の一部に2004年1月頃の朝日新聞「4海開国」?なるコラムの「波照間島」についての記事からの引用があります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/15

波照間島(日本最南端PART2)

 星空観測タワーから東に広がる「高那崎」。遠くまで続く断崖絶壁に、荒々しい波が打ち寄せていて迫力は満点。ここまで来れば遙か彼方はフィリピン諸島だそうな。釣り人にはこの辺り大物釣りのポイントでもあるそうです。
   
 琉球王朝時代、海上監視や船の通報のために烽火をあげる火番所だった「コート盛」上には方位の十二支を刻んだアザミサンゴがあり、明治に入って測量が開始されたときには、ここの測点が基準になった。上は眺めが最高!
Coat_mori_2  1999年9月波照間で白い風車が回り出した。ドイツ製「エネルコン」は風向きに合わせて羽根の向きが変わる優れもの。
 島内需要約500kw/hのうち約1/5をまかなっている。将来的にはもう一基増える予定だとか。波照間はクリーンエネルギーの島としても注目されているのであります。
Wind_plant_5  一周道路を走ってるとやたら見かけるのはヤギ、すぐ目が合っちゃうのです。サトウキビ畑に白いヤギは波照間の風物詩でもあります。
 ペットではござんせんよ、食用であります。何か行事が有るときに振る舞われるやに聞き及んでマスが、まぁ歴史的背景も存在するようで。石垣には「ヤギ料理」のお店が有ったような記憶が。 匂いと言うかクセがあって屋外で調理するとか、好き嫌いが二分するとかいろいろあるようです。我が田舎の亀料理と相通じるところがありそうです。
 波照間島の住民は太平洋戦争末期、西表島・南風見田に強制疎開を強いられマラリアで多くの学童が死んでいった。
 波照間に南風見田海岸に向かって学童慰霊碑がある。波照間に大戦の悲劇が存在しているとは思わなかった。

 島の人も大切に思っているこの海の美しさは他の島の人をも唸らせるほど。 いろんな色に染まる海は一度見ると忘れられませんよ。
 ただ、ボーと海を眺めているだけでも極上のリラクゼーションタイムですよ。(北浜と書いてニシハマと読む)

 本土ではまだまだ寒い(暖冬とは言うモノの)こういうスタイル迄には当分間があるでしょうな。こんな事出来るのは亜熱帯沖縄県ならでは。オリオンビール傍らに一眠りと・・・。落ちてもシラねぇよ、そこのお兄さん。

 港には初めてお目にかかった有償バス。大きなバスが走れる道も無し超法規的措置なんでしょうね。(前回も書きましたが現物です)
Hateruma_bus  集落ってこんな感じです。共同店と言う名の地域に根ざしたお店が3軒ほど。ここでは泡波も置いてるとか、でも島民御用達ですよ。島外に出すほどの醸造量が無いため幻と。

まだまだ続きます。
(参考文献:やえやまGUIDE BOOK,沖縄県観光情報ファイル他)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/02/10

波照間島(日本最南端PART1)

やっと日本最南端波照間島(果てのうるまと言う意味からその名がついたと言われる)です。最近は「南十字星の見える島」としてその名を売っている。日本で南十字星を見るにはここ波照間島に来る以外にない。その目的以外でも来る価値のある島です。
 周囲14.8kmの小さな島に公共交通機関はないがこの辺り特有(と思う)の有償バスが有り島の民宿に予約の無い人はこれを利用することになる。予約のある人は民宿の送迎バスの迎えがあります。この有償バスは安栄観光のツアーの島内観光バスにもなります(一番下のお土産屋さんの前のお兄ちゃん、当日の運転手さんでありました)。
 ザワワ- ザワワ-と風になびくさとうきび畑の中に風力発電機が静かに佇んでる風景も絵になりますよ。
Wind_plant_3 南十字星見るならここ「星空観測タワー」です。12月中旬~6月なら南十字星が4つ揃って見えるがこつが有るらしい。ユニークな館長さんに伝授してもらう事をお勧めします。私は泊まらなかったので見ることは出来ませんでした。やはりここは宿泊される事をお勧めしますよ、そうすれば幻の酒と言われる「泡波」も飲めると言うものです。また島に根ざした暮らしぶりも分かります。
Aster_tower_1 星空観測タワーの近くに「日本最南端の碑」があります。これは1972年日本復帰を記念して南方同胞援護会(現沖縄協会)から送られ建立された(沖縄県観光情報ファイル美ら島より)
South_point 最南端の海です、吸い込まれそうな海の色です。我が田舎の海が綺麗と言ってもここには勝てない、と言うより比較する方が間違ってる気がするよ。
Cobalt_sea ここは島内最大のsouvenir shopです。波照間限定Tシャツ(泡波のラベルをプリントした物もあり)オーナー手作りの貝細工と最南端記念にいいモノが見つかるよ。
Souvenir_shop_monpa

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/02/06

ある日の所沢(その1)

 諸般の事情で所沢へ。たまたま徘徊した場所でカメラを向けると何故かUR都市機構(元の住宅公団)の集合住宅が飛び込んでくる。調べて見ると西武鉄道の2本の幹線が所沢に乗り入れており、東京の新宿、池袋と直結。こうした交通の利便性から昭和30年代から集合住宅の整備が進められ東京の郊外都市として発展してきたと。どうりでURの集合住宅がよく目につくハズだ。所沢の地名の由来は諸説があって不明確らしい。
  
 航空公園近くの広大なURの集合住宅群の中には商店街のあるものも、また付近には防衛医大もあり環境としてはなかなかよろしいようです。

 所沢市は日本初の飛行場が出来た街でもあります。航空記念公園には所沢航空発祥記念館もあり広大な敷地と相まって市民の憩いの場と成ってる。
  
㊧航空発祥の地のモニュメント㊨航空公園のシンボルC46A輸送機
No_smoking_elia 関東地方の街によく見かける標識、ここ所沢でもあちこちで見かけた。何故か関西ではみかけない。文化の相違なんだろうか、それとも役所が単にタバコの害に無関心なだけか。

近くの体育館で覗いた空手道場の練習風景、幼少からキチッと礼儀から躾けられてるようで見ていて気持ちの良い物だよ。

将来の大物か、胴衣姿の可愛い道場生の後ろ姿に思わず。 所沢の公共施設はよく整備され綺麗だ、我が居住地の施設と比べるとう~ん。財政力の違いかね。
 「急成長する町、淘汰される町」に寄ると我が町は衰退に分類されているが、かたや所沢は成長だもんね。
 話は飛ぶが西武ライオンズ松坂がいなくなってどうなるんだろうね、金かけて元スター選手集めても勝てないチームもあるが。この球団以前は「大鵬、たまご焼き」の類で好きなチームだったんだが(過去形ね)今は金本兄ィのいる阪神なんてのがさ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/02/02

最南端の町竹富町

 日本の最南端の町「竹富町」は13程の島々(有人9島)で構成されている。お互いの島々を結ぶルートはなく隣の島に行くにもいったん石垣島に渡りそこから目的の島へと言った案配だ。従って町役場が石垣市に有るのも地域住民の便益を考えての事と思う。
 最大の人口集中地区西表島(面積289㎢)が2300人強と竹富町の過半数を超えている。沖縄本島に次ぐ面積の大半が亜熱帯の原生林に覆われ、それ故に豊かな自然が保たれているのでしょう。亜熱帯の密林に潜む生き物たちと原生林には圧倒されるものがある。次回訪問時にはじっくり時間をかけて楽しみたいものだ。

 仲間川上流にある樹齢400年とも言われているサキシマスオウの木、本土では見ることがない木だけにその特異な形状は見た者のみが感じる驚愕だ。(西表島)

 こう言う光景は亜熱帯ならではもの(ヤエヤマヒルギ西表島仲間川)

 由布島への交通手段です、水牛が活躍してます。西表島と由布島の間は遠浅で干潮の時はこういう状態です。

 彼の地では珍しい赤瓦の二階建です。(竹富島)
Stone_fence_1 竹富島のとある光景、さんごで出来た石灰岩の石垣。この石垣の隙間にハブが潜んでいたりするらしい。
ウェブ アニメータ
 コンドイビーチ他竹富島イメージです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »