« 佃島(その2老舗佃煮御三家) | トップページ | 第一歩(いざWashingtonへ) »

2007/03/29

佃島(Final)

  少々佃の起こりについてです。1582年(天正1062日)明智光秀が本能寺で織田信長を討った。家康は、わずかな手勢で堺にいたが 光秀がほうっておくわけがないと急ぎ三河への脱出を開始し三河とは逆方向、大阪、兵庫の海辺へと急いだが 神崎川で船がなく、困っていた一行に船を集めてきたのが摂津国佃村の漁民であった。この時の漁民の働きは家康にとって忘れることのできないものとなりそれ以来、家康と佃村の漁民とのつながりが深くなったとか。

  慶長8年(1603年)家康が江戸幕府を開いた時に、佃村の漁民を江戸に呼び、石川島に近い島を居住地として与え、故郷の佃村に因み「佃島」と名付けた。
 彼らはこの地で漁をしながら江戸城内の台所をまかなうことで漁業権を与えられたが離れ小島であるために時化(シケ)どきにお菜に事欠き、また漁期には腐らない副食物が必要なところから、湾内で獲れた小魚を塩辛く煮込んで保存食を作ることを考えた、これが佃煮のルーツとされる。その後千葉から醤油が伝わり塩煮から醤油煮に変わり、これが評判を呼び江戸市中に広まり今の原型が出来た。

○㊧丸久㊥天安㊨佃源田中屋 店構えは何処にでもあるようなごく普通のお店ですが一歩中に踏み入れると歴史が感じられる雰囲気が溢れている。
Tukuda_map_2堤防ソバの案内板

佃小橋のソバになにやら埋設されてるので立ち入るなと。

佃島渡船、昭和2年3月に無賃の曳舟渡船となりそのとき建てられた。明治9年7月渡し銭5厘、大正15年東京市営に、昭和39年8月佃大橋開通で廃止された。中央区民文化財に登録されている。と説明板が。

遊漁船、佃にあっての風情です。対岸は湊2、3丁目辺り。
     
前に立つと「江戸の島」が妙に納得してしまう。但し、付近の高層建築群が無ければもっと良かったがね。



佃2丁目になると、こんな有様、マンション建築反対運動も開発の波に飲み込まれ今じゃドッチを向いてもマンションが眼に入る。
”佃島よ何処へゆく”せめて1丁目にはコンクリートの塊が出現しないよう切に望みますよ。上京の折の楽しみが無くなる。

|

« 佃島(その2老舗佃煮御三家) | トップページ | 第一歩(いざWashingtonへ) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早く続きを・・・・・
新しい名所・旧跡お待ちしておりま~す
軽妙洒脱なお言葉をお待ちしております。
デハ

投稿: itchan | 2007/04/05 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190419/14449497

この記事へのトラックバック一覧です: 佃島(Final):

« 佃島(その2老舗佃煮御三家) | トップページ | 第一歩(いざWashingtonへ) »