« 飛行機のおもちゃ箱(Smithonian National Air and Space Museum Steven F. Udvar-Hazy Center) | トップページ | お伊勢さん(外宮の巻) »

2008/09/29

「牛の舌」ってご存じ?

  ワシントンDC滞在中台湾のさるお方からオミヤゲを貰った。
  台湾宜蘭餅食品有限公司の「超薄牛舌餅」と言うモノです。
  名の通り牛の舌と言うクッキーで有りますが「厚さ1㍉の超薄い透けるようなこのクッキーはパリッとやみつきになる口当たり」と同封の栞に。
  今までラングドシャ(ネコの舌)と言うクッキーは馴染みが有りますが牛の舌は初めてです。
  わたしは台湾に行ったことが有りませんので知らないだけかも知れません、お出かけになられた方には既にご承知かもね。
  味はやはり中華系です、確かにパリッとした口当たりで私は好きですが好みは別れますな。

  内袋には日本語の説明も有りました。台湾に出かけたり、またおみやげに貰った方は結構いらっしゃるかも。

  何しろ牛の舌ですからネコの舌(ラングドシャ)に比べれば大きいです。
  香りもやはり独特のものがありますね。


  極薄ですが結構シッカリしてまして割れは少なかった、手焼きと有りましたが。
  日本にはない発想ではと思いもしますが牛の舌はねぇ、ネコの舌なら可愛げも有りましょうが。
  但しお菓子でなく食用として見るとタン(牛の舌)は食べますがネコはどう何でしょう?どうでも良いけれど。

  「鹿のフン」「大仏のはなくそ」なんてお菓子が我が国には存在するから他所様の事は何とも言えませんがね。

|

« 飛行機のおもちゃ箱(Smithonian National Air and Space Museum Steven F. Udvar-Hazy Center) | トップページ | お伊勢さん(外宮の巻) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ラングードシャ(猫の舌)という薄いクッキーはあるね。自分で作って、カーブをつけるのに夫のうどん打ち用の麺棒(1mぐらいある)を使ったら、麺棒に油の染みが…。

HP検索するとラングドシャの作り方結構ヒットするが「牛の舌」はない。あれは職人技で作るのだろうかね、世界一薄いと豪語してるから。

投稿: hojaverde | 2008/09/29 17:09

ラングドシャって猫の舌って意味だったんですね。知りませんでした。
しかしお菓子で、牛の舌は駄目でしでう・・・(-_-;)
何とも生々しいネーミングで食欲をそそりません。
ちなみにラングドシャは猫の舌に似てるからそんな名前なんですかねぇ・・。舌には見えませんが。

ラングドシャってフランス菓子だそうです、何となく納得するような・・・。
馬の舌は無いだろうがそのうち犬の舌なんてのが出てきてりして妙に納得しそうな気がする自分がコワイね。

投稿: ラスカル | 2008/09/29 18:15

牛の舌餅というのは、日本各地に神様へのお供えものとして存在しています。(私の地域にもあります。)安永餅もこれが変化してお菓子になったものらしいです。台湾との関係は良く分かりませんが・・・・・とにかく牛の舌餅は非常に古くから日本にもあったようです。

日本各地にあるとは知りませんでした。
台湾のものの由来は知りませんが単なるお菓子として売られてるような記憶が・・・・。

投稿: おおずみ | 2013/09/28 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190419/42631851

この記事へのトラックバック一覧です: 「牛の舌」ってご存じ?:

« 飛行機のおもちゃ箱(Smithonian National Air and Space Museum Steven F. Udvar-Hazy Center) | トップページ | お伊勢さん(外宮の巻) »