« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/22

TAKE OFF(羽田空港にて)

  空港に縁の無いところに住んでると、こういう事は滅多に無いシーンです。
  羽田空港第1ターミナルで関西空港への登場待ちに偶然に窓から見えたので私としては珍し珍しでハイ。
  JALばかりですが第1ターミナルゆえですANAは第2ターミナルですのでここからは見えないのです。

色が青っぽいのは空港の窓越しのせいでもあります

  飛び立つのを見かけて慌ててシャッター押したのでピントが甘い、素人故の哀しさであります。
  思うに何故こんなデカイ金属の塊が空を飛ぶのでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/20

とある風景

  この風景は知らない人が有るかも知れませんが名前は知らない人はそうはいないでしょうね。
  これと同じ名前が全国のあちらこちらに沢山存在しますがココは本家本元であります。

和光です、工事中で銀座の象徴の時計が見えない↓

三越銀座店↓

晴海通り、銀座4丁目↓

松坂屋、銀座6丁目↓

銀座7丁目あたり↓

㊧銀座4丁目交番㊨有楽町方面天賞堂が見える↓

  昔この辺りに橋が有った、今の人は知らないでしょう。  菊田一夫の名作NHKラジオドラマ「君の名は」(1952年4月=昭和27年)でこの橋は重要な役割を果たした、そう数寄屋橋です。
  1964年東京オリンピックに合わせての道路工事のため撤去された。
  今は新数寄屋橋となってる(正面の橋、陸橋?)↓

有楽町界隈↓正面建物西武、阪急各百貨店と映画館

  有楽町の地下街に和歌山県のアンテナショップ喜集館があります。在京の県民の皆さんご利用を!

上記も「金龍山浅草寺」と同じ時節です、悪しからず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/18

Wakayama Castel Now!(菊花薫る侯)

 そろそろ菊のシーズンでしょうか和歌山城内で菊花展の準備が始まってます。




  まだ花自身は満開では有りません、菊花展開催中に段々と見頃になるよう苦労されてるようです。
  大きな懸崖も持ち込まれてますが蕾はまだまだ硬そうです。
  20日からと主催者側の話しですがその頃までに沢山の花が持ち込まれて開催日以降城内散策の皆さんを楽しませてくれることでしょう。
  展示場内に入り込む訳にも行かず良い角度で撮影出来なかった、悪しからず。

  鯉が撥ねたところバッチリと思ったら波紋のみ、古いコンデジは反応が遅いと歳のせいの鈍さ棚にあげて。

  10月半ば過ぎてもまだ紅葉の気配すら感じられない城内紅葉渓庭園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/16

金龍山浅草寺

  先般病気説の北朝鮮の金正日の写真が公開されたが消息筋の話では季節がおかしいと・・・浅草寺がそれと同じ状況になってしまった。秋冷の侯真夏の話です。
  都営浅草線の浅草駅です、それなりの雰囲気です。

ご存じ浅草のトレードマーク雷門(風雷神門)↓

  仲見世通りの裏側、以外にこざっぱりしておりましたが人通りは殆どありませぬ、当たり前か。↓

  仲見世表通りです、おみやげ屋さんが主で雷おこしは定番であります。↓

  異国のお客様用の土産です。そう言えば去年のワシントンDCのさくら祭りのパレードで怪しげな着物着た日本人風集団が有りましたがこれと同じようなものでありましたな。ひょっとして出所はここらあたりか?↓

  名の知れた今半の別館、ちょいとお昼をと言う訳には参りませんよ。↓

宝蔵モ門(旧仁王門)↓

  雷門の提灯よりは小さいが小舟町なる有志寄贈の提灯が。↓

宝蔵門の仁王↓

  本堂昭和20年東京大空襲で焼失、昭和33年に再建された、ご本尊は聖観世音菩薩↓

五重塔

  寺有地162,162㎡だそうです、年間3000万人の参詣者が訪れると。元々漁師の網に掛かった観音様が由来で推古天皇36年3月のこと。
  ハトバスの観光ルートにも入ってるようで一度此に乗っておのぼりさんして見ようと思ってるが何時になることやら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/14

FEDERAL TRIANGLE + α

  メトロのFederal Triangle駅とロナルド・レーガンビル、何が有るのかは不明です。

アメリカ国立公文書館

  OLD POST OFFICE今はショッピングと食事のセンターらしい。

  ご存じFederal Bureau of Investigation(FBI)です(中ほどの建物)今年で100年だそうです。この近くにリンカーンが暗殺されたフォード劇場と倒れたリーンカーンを運び込んだピーターセンハウスがあります。

  FBIの周辺に変な乗物の観光客の集団が。そう言えば元小泉首相が喜んで乗ってたのと同じだ。

  アメリカ海軍記念碑右側のみ、同じ形状の建物が左側にも有りますが近すぎて撮れなかった。

  Federal Trade Commission(FTC)です。
  連邦取引委員会と言って日本の公正取引委員会の手本になったところです。像は委員会の象徴です。

官庁と思われるが不祥,何なんでしょう?

  天然ガスバス、何処の世界も今じゃクリーンが売り物。と官庁街にひときわ目立つ観光バス、おのぼりさんは何処も同じです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/12

Shopping Mall

  ワシントンDCに行けば一度は訪れるところがここPENTAGON CITYです。ここにはもう1つPentagon Rowと言うショッピングモールがあります。
  背景に広大な集合住宅群があり又メトロ直結という利便性を兼ね備えたところです。この駅の一つ手前がペンタゴン(国防総省)です。例のテロ事件までは見学可能だったらしい。更にもう一つ手前がアーリントン墓地です。

正面は大きな集合住宅の一部。手前がPentagon Row。

  Pentagon Rowはアウトドア系が充実してるようですしスケートリンクもあります。

  メーシー百貨店からブランドショップまで色んなショップが沢山です、オジサンには用事の無いショップも有りますが。

 パテオ形式と言うのでしょうか吹抜の広大なスペースにはマクドナルド、スターバックスのショップが。

  Tシャツ、キーホルダー、キャップ等定番商品のワシントンDCのおみやげショップ
      
  アメリカと言う国は国旗を飾る(掲揚)のが好きな国民(愛国心)なのだろうか、人の集まる所に行けば必ずと言って良いくらい国旗を見かける。

  Pentagon Cityで何を買ったかと言うと年齢に不相応なAbercrombie & FitchのヘンリーネックのTシャツ

を2着、他にはBrookstoneで大いに食指が動いたものの買わなかったがここはデジモノというかモノグッズというか男心を刺激するものが一杯で結構遊ばしてくれるショップです。しかしダレス国際空港のBrookstoneの売店で卵形(だるまさん同様起き上がりこぼし)の時計を買ってしまった。2個買えばバーゲン価格だと乗せられて。

  旅の空は購買欲を刺激しますね。
  実は私は旅に出るとスーパーやショッピングセンター覗くのが好きなんですよハイ


| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/10/07

MEI'S ASIAN BISTRO(ARLINGTON)

  寄り道してる間にワシントンDCの話がズレてきた。
  宿泊地のソバにある中華料理の店です。去年滞在中前後に開店したお店です、場所的にどうかと思ってたが今年訪問時にもちゃんと存在してた。
  そうなんです結構華僑の固定客がいるようです。
  続いてるって事はそれなりの味なのかと入ってみた。
  日本のそこいら辺にある中華料理の店と同じでチャーハンとか春巻き、餃子、焼売そんな類でコイの唐揚げなんぞ望むべくもない感じでありました(出す物を出せばもっと高級な物が出て来るのかも)庶民的です。
  この手の店には怪しげ(日本人の感覚で)なスシバーが有ったりするのですな。アジア系と思われる板前の可笑しげな鉢巻姿見てると絶対食べる気にはなれませぬ。



  いきなり出てきたのが割り箸、ご丁寧に使い方まで書いてある。先のぶっちょい中華箸が出て来ると思ったらコレでしたよ。全く日本語など通じない店で何で!

餃子(Dumpling)、何か違う

春巻き(Spring Roll)、直訳かね

カレー炒飯、これでもかと言う位濃厚な味であった

  エビ炒飯、色からして想像出来ますな。決して薄味にあらず。炒飯2つを大人3人子供2人で食べ切れずテイクアウトにして貰った。まぁこれも経験でありますがアメリカって残した物は当然のように持ち帰るのです。残して捨てるなんてもったいない、見習うべき習慣です。
  味はまずくは有りませんでした、それなりです。
see you later!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

Wakayama Castel Now!(AVANT-GARDE2)

  假屋崎省吾の影響でもないでしょうが大胆な物が多かった気がする。(以前からあったが知らないだけか)
  これとて家庭で飾るには無理が有りそう。ショウウインドーとか大広間、○○会場とかでは映えるでしょうが。
  ただ会場が屋外と言う事でテーマがそうで有ったのかも知れませんが・・・・門外漢の推測に過ぎません。
  その大胆な生け花?を鑑賞しましょうか。





  よく判りません、作者は考えに考えた力作かも知れませんが

  黒枠の中に流木?とリンゴ一個ぶら下がってるだけ、シンプルで良いと思ったんだが






  ↑カボチャの意味がイマイチ理解出来ないが我が女房殿お気に入りでありました。

  花は花屋さんで調達出来ましょうがその他の部材はどうして調達するのだろう?どうでもいいけれど。
  こういう展示物、実は見たの初めてであります。生け花展は聞いてはいましたがまさかこんな作品が出現するとは思いませんでした、こう言う時代なんでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/05

Wakayama Castel Now!(AVANT-GARDE1)

  お城フェスタの今日和歌山城西の丸で生け花展が開催された。
  今時の生け花は花器(水盤)なんぞには生けないのですな、花道教室でやってる時代ではないのでしょうか。
  あれだけ大きくやれば見応えはあるが家庭的ではないです,余程広大なお屋敷でないと花を愛でるより邪魔になりそう。





  如何でしょう皆さん。力作なんでしょうが私にはよく理解出来ませんでした、未生流とか聞いた名はありましたが。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/04

Wakayama Castel Now!(リス)

  すっかり秋らしくなってきた、久し振りに城内のリス達のご機嫌如何と覗きに行ってきた。まだ越冬準備には早いのか元気よく走り回ってた。
  但し、ピーナッツに誘惑されたのは1匹のみ、他は蜘蛛の子散らすように消え去った。















  離れて見ると可愛いがソバで繁々みると決して可愛い物ではないよ、栗鼠って書くくらいだもの。
  少し離れて見るのが一番だね。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/03

伊勢内宮前おはらい町、おかげ横丁招き猫まつり

  内宮の近く一等地に立地した土産屋街ですが何故か招き猫が氾濫してた。
  来る福といって全国的に9月29日招き猫の日だそうで特に伊勢の招き猫まつりは盛大だと言う話しでした。

  全国郷土玩具招き猫展、ネコ好きにはたまらないのでしょうね。

  招き猫にも色んなデザインがあるのです、知りませんでしたが

  ポストだって招き猫、売ってる切手、ハガキまで招き猫でありました。

おみやげ屋さんの入口にも

街角にも

招き猫の絵付け大会も行われていました

  愛敬のある招き猫、これは売り物でしたが結構よきお値段で有りました。

  盛り上げるための神恩太鼓の演奏も、各地にその土地に根ざした太鼓が有るのですね。私にはメロディーの区別つきませんが。
  行ったのが9月28日で一日早かった、五十鈴川と招き猫は昔話に由来があって特にここは盛大に行われるんだそうです。当日はもっと招き猫だらけだったかも。
  これだけ招き猫集まると壮観で可愛くて心和みますが本物は・・・・です


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/02

赤心慶福

  以前からこの心を待って居れば去年のような騒ぎは起こさなかった物を!
  事が起きてからでは「赤心慶福」も無いが今はその騒ぎを物ともせず永年築き上げた強力な暖簾は健在であったぞ。
  伊勢神宮と赤福は訪れる参拝客にとっては「お伊勢さん=赤福」なんでありますな。
  おはらい町やおかげ横町歩く参拝済ませた観光客の殆どが赤福のレジ袋を提げている。
  この魅力には勝てないのでしょうか。

  実は例の事件が起きたとき金輪際買う物かと決めておりましたが赤福本店の賑わいと、おはらい町闊歩する人波の提げた赤福のレジ袋に惑わされ買ってしまった(汗)

  この人波、皆さんここから出て来るんだものね、誘惑されるなと言われてもなぁ。

  ほら、この行列、我が家の女房殿は行列見ると訳判らなくても並ぶ位の野次馬根性旺盛な人でありますから当然の成行としてお買い上げとなった次第。

  行列は新橋の上まで続いてるのです。ただ商品は赤福一手ですから回転は速い。

  買わなくても一応は覗いて行くのであります、この界隈3軒の店が程よい間隔で有りまして何処も人だかりなのです。だから何処まで耐えられるか・・・・。それでも買わなかったお客にはバスガイドが買い忘れたお客さん、次のトイレストップのドライブインにも「赤福」はおいてありますよ~なんて煽りますしね(笑)

  コレだけの人が押し寄せる訳ですから赤福に限らず何処のお店もそれなりに人が入っておりました。赤福以外にも松阪牛いり肉まんなんてのも買っちゃいましたよ。
 
    北海道の「白い恋人」もキットこんな有様では無いでしょうか。
  これに取って変わる物が無いという共通した物が「赤福」であり「白い恋人」では無いかと最近思っておるのであります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/01

お伊勢さん(内宮の巻)

  内宮は「皇室のご祖神の天照大神をまつる我が国で最も尊いお宮です。
  五十鈴川の川上に千古の森に囲まれて2000年の時を超えて古代の佇まいを今日に伝えてる」と衛士見張所付近で貰った案内書に。
うえから順番に①~⑫です
  ①宇治橋渡って②第1鳥居潜って③五十鈴川御手洗場で身を清めて昔も今も変わらぬ清流です④第2鳥居を潜ります。

  ⑤御正宮例によって撮影禁止⑥どっちに転んでも塀に囲まれ中は見えない⑦新御屋敷地、20年に一度の遷宮は神様にも新しい家と宮大工の技術伝承兼ねて⑧御稲御倉

  ⑨荒祭宮、天照大神の荒御魂を祭る別宮⑩千木穴二つ半(三つ目の穴半分カットされてる)鰹木偶数=内宮の巻参照)⑪使途不明何故か中には入れない⑫神楽殿、お札はここで。神様に関わりのある建物のみ桧白木造りと萱葺(一部)です。

  第2鳥居を左に見ながら帰り道を辿って宇治橋に戻ります。一生に一度はお伊勢さんにお参りをと言う訳で(私は2度目ですが)無事済ませました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »