« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/24

Wakayama Castel Now!

  久しぶりに天守閣の方へ上がってみた。途中に時々リスを見かける場所があるが久しぶりにうろついてるのを見かけた。

  静かな昼下がりと思いきやここに突然クロネコが現れ、いきなりこのリスに襲いかかった。ところがこの小さなリス気が強いのか威嚇したが猫にはかなわぬと踵を返して逃げ出した。
  しかし双方とも野生化した動物だ素早い!間一髪リスは木の上に逃げ込んだ。

 木の上からクロネコに何とも言えぬ鳴き声で威嚇し続けてた。城内結構野良ネコがうろついてるし聞いた話ではリスが時々猫に襲われてるらしい。
  ネコに襲われ数が減ってるとも聞いたが先日結構な数のリスが何時もの給餌係?のおじさんのピーナツに群がってた(こんな時に限ってカメラもってないのですよ)。

  2月とは思えぬ穏やかさ、この木々の間でネコとリスの死闘があるなんて思いもしなかった。
  これも自然淘汰の一環でしょうかね。

  昨日は些か重い話だったから今日は日常の出来事と言うことで。
  ところで上のリス性別何だと思う?一番上の写真よく見ればわかります、大きな声では言いませんがね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/23

アメリカの常識、日本の常識

  あるドクターのブログにこんな事が書かれてた。当然お医者さんですから医療(治療)に関する事でもっと端的に言えば延命治療についてであります。
「Physician-Associated Death-From Oregon to Washington State」と言う2008年11月にワシントン州で可決された、ある法案についての話です。
  そのブログによりますと「臨床医の手助けによる自殺」を容認すると言うものです。今年の3月から致死量の薬の処方が合法になります。この処置については既にオレゴン州では1997年10月から認められて居るそうです。
  アメリカでは早くから医学的にもはや何らかの治療手段のない患者には医師の判断で蘇生処置をしないとか呼吸器を外すとかは当然の処置とされてたと。
  もし当該患者の家族が「医学的に何らの治療手段なし」と判定されたものに応じなかった場合「合理性」がないと院内の倫理審査委員会にかけられるのだそうです。
  日本では家族の同意があったにせよ呼吸器を外そうものなら即刻司法に刑事追訴される可能性大と。少なくとも院内に設置された第三者委員会による脳死判定を複数の脳神経外科医によって数度行いその判定を確実なものにしなければならない。脳神経外科医のいない医療機関には到底不可能な条件が科せられているそうであります。
  アメリカでは蘇生見込みのない治療は合理性がなく無駄な費用、無駄な努力は不要と言うことなんでしょう。要するに当該ブログでは「人工呼吸器をつけないこと」「人工呼吸器を外すこと」「蘇生処置を講ずること」「蘇生処置を講じないこと」をもっと論じられるべきではないかと問いかけているのです。

  なぜこんな事を書いたかと言うと身の回りに似た状況が存在するが故に。家族の心境を察するとこの様な状況に立ち入ることが現実としてあり得るかと・・・。ただ、この論議については当事者抜きの話ゆえ家族には辛い決断を迫る訳だから頭ではある部分わかると思うが心の中では納得し難いし、そうはしたくないと言う気持の葛藤が当然存在するでしょうね。

  たとえ話としてはいささか異なるが以前ガンの告知は本人にはしない選択が多かったし誰もが今のように簡単にごく当たり前に告知がなされるなんて想定したでしょうか?(治る確率が飛躍的に向上したせいもあるが)
  しかしこの当事者以外の家族に決断を委ねるケースの場合近い将来に普通に選択される時代が来る事になるのでしょうか?医療機関、個人、一番ネックの厚労省と三位一体でのコンセンサスなんて得られるのでしょうか。

参考;
http://content.nejm.org/cgi/content/full/359/24/2513
http://www.thenewatlantis.com/publications/ten-years-of-death-with-dignity

| | コメント (0)

2009/02/15

プロ野球

  キャンプ便りもTVを賑わし開幕が近づいてきた。今年はセ・リーグに絶対的本命が無いようで何処が優勝するのか私には予想出来ませんが。
  以前は「巨人・大鵬・卵焼き」の手合いで有りましたが齢と共に日本のプロ野球を我がモノの如く振る舞うナベツネなる人物と金に任せて一流選手を集めるやり口がイヤでTV中継など見向きもしなくなってしまった。
  近年行きつけの強烈な阪神ファンの散髪屋さんで熱っぽく聞かされる阪神の話しに、またおつき合いのある年期の入った阪神ファンの司法書士の先生に聞かされる阪神話しに何となく阪神の動向が気になりだして今では隠れ阪神ファンとなってしまった。
  ただ件の司法書士の先生に逢うと今でも阪神をチクッて居るのです(巨人ファンと思われている)素直になれないところが悲しいところで(笑)
Tile

  今年は監督も替わり選手も気分新たにしてるだろうから久方ぶりにこんなシーンが実現出来ないかと密かに期待をシテいるので有りますが。ついでに道頓堀のグリコの看板も縦縞ユニフォーム着て貰いたいし。
  ただ近年パ・リーグでは西武にも気が有る物でこの時のような対戦にはなって欲しくないなと。

  ところでMBLのWashington Nationals、今年はドウなんだろう。
  Nationalsにゃ日本人選手がいないからよくよくの事が無い限り日本のTVではお目に掛かることがないが(余にも弱いので放映しても見て呉れない)これも気になるのです、今年は何勝するだろうかと変なところで関心を催すのでありますよ。
  WashingtonDCから程遠くないメリーランド州ボルチモアのOliolesには元巨人の上原が行ったから日本での露出の機会が増えるかも知れない。

  ボルチモアのCAMDEN YARDSです,上原がシーズン当初からメジャーならここで勇姿が見られる。メリーランド州には日本人が多いと聴いてますのでひょっとすると上原が出る事で日本人観客が増えるかもね。

  他所様は良いけれど阪神タイガース今年は「虎」になって頂戴、ネコは好ではありませんので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/09

十人十色

  人の世界には何人か寄れば一人や二人物差しの異なる御仁が必ず居るものですが植物の世界にも有るんですな、この場合狂い咲きと人は言うのですが。
  そう和歌山に嘉家作と言う徳川時代の街道の名残の場所があります。
  現在は国道になって居るのですがこの街道沿いに桜並木があります。この並木の中に1本?だけ何故か1月下旬に満開になるサクラがあります。
  今年は満開時に我が家の事情で見に行くこと叶わず昨日やっと行ってみた。


  やはり遅かった、大方散ってしまってた。満開だと一本でも結構見応が有るのですがさすが時期を外すとあきまへんなぁ。
  またこの近所はその当時を偲ばせる建物も残ってるのですが老朽化に建て替え等で絶滅品種並みになってしまってる。







  以前はこの手の建物がこの街道に連なってたらしいが今ではご覧の程度しか残っていない。
  古いだけに維持管理に費用が係り、年代物故に使い辛く新しい建物に建て替えられて行くのです。
  今はまだ現在形で語れますが何れ、ここにこんな建物が有ったんだよと過去形で語られる日がそう遠くない将来に来るのは確実であります。

 「 春泉堂嘉ケ作御成屋敷」の案内板が有りますがこの案内板が設置された当時(昭和32年)は作られた造作が当時のまま遺っていたと有りますが今では崩れかかったただの古家にすぎない。
  歴史は時と共に風化して行くのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/03

どうでもいいけど

  串本駅の側におみやげ屋さんが有るのは知っていたが看板は見たことが無かった。昨日ホームで電車待ちしていて何気なく見ると・・・・

  「本州最南端のおみやげ」と、田舎も電車で来る観光客は激減して駅正面に有ったみやげ屋も閉店してしまった。ここは開いてるのか閉まってるのか判らない状態で佇んでいるのであります。

  こちらは正真正銘の日本最南端の沖縄県竹富町波照間の唯一のおみやげ屋さん(何年か前の写真ゆえ現在は変わってるかも)。どうでも良いけれど竹富町の町役場は竹富町には無いのです。八重山地方の中心地石垣島の石垣市にあるのです。日本でもココだけでは無いでしょうかね他の町に役場が有るのは。
  理由は簡単で町が8つの島々から成り立ってるためと海上交通網が全て石垣港を中心に成り立ってるため住民の便益を考えて石垣市に置かれているのだそうです。以前西表島に町役場を移すとか言う話し聴いたことがあるが未だ実現していない所を見ると足の便が解決出来てないって事なんでしょう。

  最南端のついでに最北限のおみやげ屋さんです。礼文島のスコトン岬にあります。
  ややこしいのですが日本の最北端は宗谷岬です。
  最北端と最北限知らない人にはどっちがドウなのかよく判りませんが理由はこうなんです。
  以前ココが最北端と言われていたのが宗谷岬の方が最北端だと判って端っこの看板下ろす訳にも行かず最北限なる紛らわしい表現になってるとか。まあ本家と元祖みたいのものですかね。

  コレが正真正銘の最北端宗谷岬のおみやげ屋さんです、最北端の証明証が手に入ります。

  日本最東端です、この近くに最東端のおみやげ屋さんがあります。ココに立てばイヤでもロシアに占領されてる北方領土が眼の辺りに見えるのです。この地の住民の皆さんの気持ちを考えればいささか複雑な気分になります。

  日本最西端だけは未踏破につきその内とは思うモノの沖縄県与那国島は遠すぎる。何せ距離的には沖縄本島へ行くより台湾の方が近いと言う場所ですから。

  本州最南端のおみやげ屋の話だけのつもりが妙な方向に飛躍してしまった。最近過去ネタが絡んで来ることが多く話が混乱するのは歳のせいか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »