« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/28

蝉に変わって今日この頃(衆議院選)

いよいよ終盤です、あと1日。

知りませんでした、あなたはこんなにも地元を大切に思ってるとは。資金○○億円を和歌山にと、県民には実感ありませんが。

知りませんでした、あなたは地元こんなにも愛想が良い方だとは。ニコニコ旧知の如くに近づいてきます。

知りませんでした、あなたの苦戦を、でもあなたの話ほど私達の暮らしは良くなってません。そう私達の暮らしはあなたの選挙戦よりもっと苦戦しています。

知りませんでした、あなたは地元でこんなにもなりふり構わずお泣きになるとは。選挙戦前は胸をはっておられたのに。

自民党はこぞって民主党に政権能力が無いと、でも今のこの状態を作られたのは自民党政権では有りませんか。よそ様の事が言える立場では無いでしょう。
PRINCIPLEのない麻生内閣、連立維持のため公明党の言いなりで定額給付金なるばらまきを決めてみたり、またこの給付金を決めたのは我が党と胸はる公明党。

失業率最悪5.7%、これって政権与党の責任でしょ。
色々やってます、これからです、まだ道半ばと力んでる麻生さん。発表されるたび悪くなるこの数字みて何んと思う?

民主党だって政権交代の大儀を振り回して肝心の中身が何か欠落してる、決定的に自民党との違いが打ち出せてない。
ムードと言うか流れによるハロー効果に乗っかてるよ~な気が。

事前の予想では投票に行くと答えてる人が過去の選挙から比べて多いようです。もしこのデータ通りに分母が大きくなれば民主党辺り有利に働くかも。
一定数しかない組織票にのる候補には不利な戦いとなるは必定かと。
私も投票には行きますよ、滅多にないこの合戦参加しない手はないでしょう。

選挙はやって見なければ判りませんが最近の調査は精度が高くなってるから報道されてる通りになるのか。時には政権交代して自民べったりの官僚に刺激を与える事も必要かと一選挙民としては思うのであります。

どちらが天下獲るかは別にして30日はとことんTVに付き合って楽しみたい。
おっ!こんな大物が落選!とか、こんなに女性議員が当選したか等と呟きながら。
*文中「朝日新聞」夕刊の「素粒子」からの部分引用あり。

今日のおまけ
まだ背中も収まってはないが「帯状疱疹後神経痛」となって尾を引きそうな気配。最悪点滴なんて方法も有るとか経験者に聴いたがそこまでひどくはないので投薬が続きそう。ピリピリ気配から発症でほぼ1ケ月家でゴロゴロ運動不足で標準値に収まってた糖尿が拙い状況でHbA1cが↑LDL-Cも↑と。ドクターは帯状疱疹による薬のせいかもと慰めてくれたが(涙)

私では有りません、HPからの症例です。実を言うと私の場合こんな可愛い物では有りません。


| | コメント (0)

2009/08/23

Prelude to one's misfortune

視覚的に何の異常も無いのに
ピリピリ
ヒリヒリ
おまけに肋間神経痛擬きの痛み
Tシャツが触れても、何もしなくても前述のピリヒリ
見た目は何も無いから気にしながらも1週間近く放置してたら出てきましたねぇ。
まさかこの症状がこの病のPreludeなんて全く想像してなかった。
そうなんです、背中がツルし痛いしと言うことで整形外科にいった、当然よく判らぬまま薬剤処方された。

まぁ無知と言われればそうではあるが、そこに至るまでにネットで検索すればゴマンとヒットするのに。
罹ってしまってからでは遅いのです。
そう帯状疱疹ってヤツです。背中㊧半身に平手ではっとかされたような真っ赤な発疹と水疱が出現と。
ただ風呂でシャワー浴びるまでこの悲惨な状況は知りませんでしたからビックリ慌てて夜間救急センターへ駆け込みました。
ドクターは私の背中一瞥しただけで有りましたな。疑う余地のない状況でありますから。
休日明け日赤に混雑覚悟で行ったら意外にスイスイであっけなく急患Cで処方された薬と同じ物が処方されました。

「ためしてガッテン」によると6人に一人と言う確率で襲う激痛、帯状疱疹の正体は水ぼうそうウイルス!
水ぼうそうウイルスが感染したときに働くのが免疫、専用の免疫が作られアッと言う間にウイルスを退治してしまいその免疫のおかげで水ぼうそうには2度とは罹らない。ところが免疫が水ぼうそうのウイルスを退治しても一部は遺伝子の形で体内に潜伏し続けるんだそうな。その場所が神経細胞の集まった「神経節」です。
潜伏していたウイルスは、免疫の働きが弱まったころを見計らって再び姿を現し増殖を繰り返す、それが神経を痛めながら皮膚に達すると、帯状、左右どちらかに痛みを伴って現れるのが帯状疱疹。

帯状疱疹が治っても痛みが残る人があってこれが「帯状疱疹後神経痛」と言うんだそうです。

続きを読む "Prelude to one's misfortune"

| | コメント (2)

2009/08/16

アホちゃうか

ローカルグルメ雑誌に必ずと言って良いほど出てくる蕎麦屋さんがあります。味もさることながら和歌山県の辺境とも言える場所に有ること、100年以上経った古民家を移築して店舗としてる事等、物珍しさも満足させてくれる佇まいに行ってみた~いと思わせるのであります。
たかがソバされどソバでありますよ、片道3時間強もかけてと言えばソバ如きにアホちゃうなんて声も聞こえますが、そこはそれ価値観の相違でありますから論争にはなりませぬよ。
途中には国道480号線から少し入りますが「あらぎ島」があります。

この棚田は有田川町のシンボルでもあり四季折々美しい景観を醸し出し「日本の棚田100選」にも選定されています。
平成8年関係農家、行政関係者で「あらぎ島景観保存会」が設立されているとも聞きました。
「日本のむら景観コンテスト」でも農林大臣賞も受賞し写真愛好家の来遊も多いと言う話です。

「あらぎ島」はさておいて件の蕎麦屋さん「愚庵」と言いますが普段高速、国道共に渋滞無ければ1時間程度で行ける場所ですが夏休みと重なり上述の通りの3時間強とトホホの状態で辿り着きました。

茅葺きであります。

茅葺きの内部構造見るの初めてでありました。

中から外を、如何にも元農家の佇まいです。100年以上前と言われても納得します。

場違いとも思えそうな男女の彫刻が。

器、場所、建物三位一体で蕎麦の味も上々、且つ値段もリーズナブルでありました。そば茶も旨かった。そう言えば蕎麦屋と旨い日本酒って付き物ですね、必ず出てくるのがソバを揚げたおつまみ?以前行った吉祥寺の「よしむら」なる蕎麦屋さんでも出てなぁ。

トイレ広々で有りますが前が全面一枚ガラス、このお店に来たお客が食後この辺りを散策するので覗かれはしないかと落ち着きませんでした。実際は外からは全く見えないのですが。
「愚庵」へは国道480号線ひたすら走ってください、特に目印になるものはありませんから案内看板見落とさぬよう。建物が目印になりますから通り過ぎることはないでしょう。

今日のおまけ
現役の頃フォトコンでカレンダーを作成してまして「あらぎ島」の写真が裏表逆に印刷してしまい撮影者からクレーム貰った記憶が(当然作り直し)。
現場知らない私と某日本最大手の印刷屋さんのディレクター共々全く気がつかなかった(当時はリバーサルフィルムで逆にマウントされており撮影者も気がついてなかったと思われる)。
=上部の写真と比較してみて=

| | コメント (1)

2009/08/11

藤島 桓夫を知ってますか?

昭和29年~35年頃我が故郷は遠洋漁船が出たり入ったりの賑やかな時代でした(過去形に留意)
よく出港風景が見られたのです、漁船(100t位)から陸上からテープが投げられ拡声器からは藤島桓夫の歌声が流れたのです。
「初めて来た港」「かえりの港」「さよなら港」「また来た港」と立て続けにヒットを飛ばしてた時代でありました。

やがて藤島桓夫最大のヒットと成るのが「月の法善寺横丁」で有ります。マドロスもの以外でヒットが出た記念すべき頃で有ります。





正弁丹吾亭の店先に「行き暮れて ここが思案の 善哉かな」織田作之助の句碑が。「夫婦善哉」のなかで「(ただ)しく(わきま)える(まごころ)のある(わたくしども)の亭(みせ)」と紹介されている。
♪包丁一本晒しに巻いて 旅にでるのも 板場の修行・・・・・・。

♪意地と恋とを 包丁にかけて 両手合わせる
水掛不動↓

コケで顔かたち判らず、年月を感じさせる。

近くにもう一つ新作?



法善寺横丁西口にに妙にモダンな食堂ビル(チェーン店らしい)が、この界隈聞いたことがあるお店が並んでました。
さすが食い倒れの街大阪であります。


今日のおまけ
我が愛する?「阪神タイガース」今シーズンは早々とグリコの看板よろしくギブアップであります。
後半戦入る前に確定?はいささかふがいなさ過ぎるがファンに取ってはこれまた愛すべき「阪神タイガース」の姿でもあるのでしょう。
期待の旧人?もいささかお疲れ気味だし。

| | コメント (0)

2009/08/03

恒例夏のイベント

第6回紀州よさこい祭り「おどるんや」が今年は第41回紀州おどり「ぶんだら節」とつれもて同日開催や!と言うことで8/1開催された。なお紀州よさこい祭りは8/2にも開催された。
今年は、よそ様では花火大会が中止とか色々聞きますが和歌山はそんなこともなくヨカッタ。
しかし不景気で主催者は資金集めに相当苦労したのではと思う。苦肉の策かもね、同時開催は(考え過ぎか)・・・・・。
「ぶんだら」は結構長く続いてるが古いだけにのんびりした感じで(ニューバージョンもあるが)参加者も比較的年齢層が高いように思う。
「よさこい」も、きついのではと思わなくもない人もちょこっといらっしゃる様ですが平均的には若い層が大半です。そりゃそうでしょう、あの腹に響く轟音と激しい動きではお年を召した方は腸捻転起(笑)こしますよ。





和歌乱と言うグループ、和歌山大学の有志だそうな。

僕たちの方が上手だよねと兄弟。言ってたかどうかは知りませんが。

ママ見てるかな。落ち着かないのであります。

ママ何処かなぁ。ズッと捜しておりましたよ、新宮方面から来られた団体です。

僕が主役だよ、大勢の伴を引き連れて・・・・。ちびっ子にゃ勝てぬ。

沖縄エイサー今回が初登場、沖縄好きのおじさんにはこれ好きだなぁ。



私の知人向けに、そう言えば昨年もこんなシーンあったなぁ。

小さな子供がたどたどしくやっても皆さんの気を引きます。そう下手でも可愛いのであります。
大人になるとこうは行かない。踊りの好きな親に連れ込まれて回を重ねるうちに親を食ってしまう踊り手に育つのでしょう、キット。
しかし暑(熱)い夜でありました。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »