« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/06/10

沖縄残波岬

別に目的があって出かけた訳では無いが、折角溜まったANAのマイルが失効になるので出来るだけ遠くへと言う単純な理由から沖縄と。
それに残波岬ロイヤルホテルのゲストチケットがあって格安で泊まることが出来ると言う二つの状況が重なって、背後から何かが行こう行こうと囁いたもので。
動機が不純ではないがコスト掛けずに遊ぼうと考えると事は上手く運ばないのであります。そう当日と翌日降ったり止んだり豆台風の如き天候でありました。
我がパートナーに言わせれば雨男だからあり得る話だと。
雨も風も間違いなく自然なのでありますが。

早朝の灯台、まだ明かりがともってました



サンゴが防波堤の役をしてるのですな、手前の波戸は静かなものでした。

残波岬灯台は海面からの高さ40.03㍍だそうです。打ち寄せる波がほぼ灯台の高さまで・・・・・☂が降ると傘は物の役には立ちませんでした。

こんな案配ですから散歩してても波しぶきが飛んでくるのです。カメラ塩吹いてた(後で気がついた)

沖縄一のシーサー像、口の閉じたのと開いたのがあるそうで、それぞれ意味があるんだとか。神社の狛犬もそんな感じでは無かったか?

泰期像、大交易時代を先導したと由来記に、2008年完成。当初は1993年着工、諸般の事情(資金難?)で台座だけ、像が出来るまで15年懸かったんだそうな。
灯台の側にあります。

ここ残波岬は高さ30㍍の断崖がほぼ2㎞続く雄大な景観が広がってる場所ですが、生憎の天候で(頭から波しぶき浴びる覚悟なら行けましたが)見ること叶わず。

何やかんやと更新が遅くなった、その分話まで古ネタだよ。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »