« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/28

腹立日記

 止ん事無き事情とはお袋の葬儀であったのですが、その状況にならないと判らない事ってあるんですな。檀家の皆さんから住職について色んな話を聞いて居たのです。
 葬儀中居眠りをする(一般的葬儀は導師+役僧3名都合4名で執り行われるのです)お経を間違う、お経を飛ばす、ムニャムニャ言って何を言ってるのか判らない、葬儀の時間は自己の都合にあわす、友引にはお通夜すらやらない等々であります。
 当初まさかと思ったのでありますが当事者と成って噂は嘘で無いのが判ったのです。
 お経が途中で途切れる(中抜き状態)、お袋の戒名の読み間違い複数回等。そう、これが我が町の名刹の住職なのであります。 
 我が町のお寺は臨済宗東福寺派の別格山で結構格式の高いお寺なのであります。
 従って其れ相応の品格ってものがあって然るべきなのでありますが最近の住職も今風なんですな。
 お遊びが好きなのです。過日もとある場所で騒いでおりました、我々の言うところの飲み屋ですな。
 般若湯をお召しになるためのお出かけの様で有りました。

 確証も有りませんし噂だけかも知れませんが外車2台、クルーザー1隻お持ちだと。
 それは其れで良いのですが、本業にもう少し勉強していただいて檀家の納得が得られるお経を間違いなく淀みなくやってほしいいものです。
 自己都合の寺運営でなく、檀家中心の檀家側に沿った寺運営を望みたい。
 狭い田舎で巷の不満が耳に入らぬハズはなし、檀家総代も檀家から遊離した儘では名門も泣くってもんでもう少し一般檀家側に立った施策をとるべき、総代が寺寄りでは話になりませんで。
 なんせ呼んできた住職の本質(問題児と聞いた)見極めることなく晋山式強行したとの話だしね。
 地元在住の檀家の皆さん頑張って良い葬儀だったと参列者に言って貰えるお寺にしてくださいよ。
 今の儘では仏は右往左往するだけで素直には成仏出来ませんで。

おまけ;百ケ日の法要の予約に行った。
そこで一言付け加えた、住職でなく副住職でお願いしますと。
近所の檀家の話では、法事を住職に頼むのは何も知らない地区外に住まいの檀家か檀家総代位だよ、世間は大多数が副住職に頼むんだよと。

| | コメント (0)

2010/09/10

日本初ペイオフ

日本振興銀行が破綻した。

とかく問題の木村剛らが創業した銀行がほぼ6年で終焉を迎えた。近畿のオマケと揶揄される我が和歌山にも支店があります。
開設後日も浅いので開設とは関係は無いと思うが、2002年金融庁金融分野緊急対応プロジェクトチームに参加し和歌山出身の竹中氏が大臣時代には金融庁顧問を勤める等の経過からも深い連携関係にあり竹中氏が2004年参議院立候補のおり応援演説を行った等々竹中平蔵元金融担当大臣と木村剛は人も知る昵懇の仲なので有りますよ。

そんな木村剛らが創業した日本振興銀行が日本に於けるペイオフの第一号になるとは本人も想定外で有りましょうが笑ってしまう出来事であります。


預金者の皆さんもそれぞれの事情はお有りだと思うが、少しばかりの高金利に健全な金融機関に預けてあった折角の虎の子を預け替え災難に遭遇したわけですが(1000万円+金利は保護されるがそれ以上は泣くことに)、過去にも高金利で預金を集めた金融機関が業界から淘汰されたのを知ってるハズでアリながら同じ徹を踏むのは判らない。欲は過去の不祥事をも消し去るのね。
まぁ一種の懲りない面々なのかもとは思うが昨今の低金利では同情の余地も無きにしも有らずだけれど。

ともあれ預金保険機構が何なのか世に知らしめる良い機会と思う。

| | コメント (0)

2010/09/08

Wakayama Castle now! Vol.36

国宝姫路城は平成の大修理と言う事で工事用素屋根で覆われてますが、我が和歌山城は単なる史跡ゆえ素屋根で覆われることなくむき出しで平成の補修工事中。何しろ1958年に竣工した鉄筋コンクリート製ゆえでありますからね。国の宝と街の宝では扱いが大違い。



天守閣から裏坂下って二の丸庭園方向に下ると

面白い根っこ見つけた。階段這い上ってる様に見えませんか?

横から見るとこんな感じです。
思わず「テレ朝のナニコレ珍百景」に応募しようかと思ってネットでチェックしてみると既に8月11日放映されてたが選定はされなっかたみたい。
和歌山城内の石垣で古い時代の石垣(野面積)にはあちこち想像膨らます根っこがあります。

懸命に根をはって逞しく生きております。これも角度変えますと・・・・見えるんです何かに。
他にもまだまだありますが何れの機会に・・・・。
止ん事無き事情、夏ばて、ネタ枯れ、次ぎ何時にナルやら、フ~。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »