« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

破算

過去に7年間暮らした和歌山県御坊市にある御坊市商業協同組合が7/19破産した。
ここは、商品券も発行してたのです。
1,700万円の未使用商品券が巷に流通してるが破算によって使えなくなった。

続きを読む "破算"

| | コメント (1)

2011/07/17

応挙、芦雪の世界

人は歳を取ると、避けては通れない行事が有るのです。
ご先祖様のお守りが両肩に載っかって来るのです。
因果は巡るのです、私たちの世代は何とか古い因習の名残を引きずってますから良いのです。
しかし、我が息子や孫の代になると、どうなるのでしょうかね。
菩提寺の近くにでも住んでればまだしも、はてさて如何なるのでしょうか?

前置きはさてとして、行って来ました我が家の菩提寺、錦江山無量寺へ。
このお寺は、別名芦雪寺なんて呼ばれたりしております通り、芦雪の絵画が多く残されてるのです。
「無量寺の歴史は、現存する愚海和尚の「無量禅刹建立棟札口訣」に明らかであると森暢氏の解説にありますが以下チョイ抜粋です。
宝永4年10月の大津波で流失、直ちに復興されたが、また風雨のため破損、新たに愚海和尚が壇信徒の合力を求め再興し、*芦雪の来遊になった。
愚海和尚は京都で修行時代(東福寺?)、応挙と約束があったと,それもかなり親しい間柄であったらしい」
*本来は応挙が来るはずが多忙で弟子の芦雪に自身の作品を持たせ無量寺に。
滞在中、芦雪によって沢山の作品が描かれた。
故に沢山の芦雪の作品が存在する事となった。

円山応挙筆、正面㊨に龍図、㊧に虎図合わせて龍虎図、襖絵12面

円山応挙筆、波上群仙図

長沢芦雪筆、唐子遊図(1787年)

円山応挙筆、波上群仙図

長沢芦雪筆、薔薇図(1787年)襖絵4面
愚海和尚当時の無量寺方丈は、こういう襖絵に囲まれていたわけで。
レプリカではありますが往時を再現、住職は気に入らなくてもこの方丈に座してるだけで往時を偲べるのは上等であります。

続きを読む "応挙、芦雪の世界"

| | コメント (0)

2011/07/11

新装なった大阪駅Ⅱ

先月は余りの人波に恐れなして外側から眺めるに終わってしまったが、今回は気を取り直して中に入ってみた。
驚きましたね、大阪駅の新しいビルを巡る綺麗なお姉様のガイドツアーまで存在するのです。
新しい駅ビルは大阪ステーションシティと言うんだそうな。
ノースゲートビルの14階に天空の農園なんてのもありました。結構階段を上るのでハイキングコースと銘打っておりました。この時期大汗かいてしまった。

(

)

時空の広場です、まぁドーム(大屋根?)の中間地点にあるスペースですな。
一応カフェもあります。

広場の下は電車のプラットホームです。

見上げるとこんな感じです。巨大な構築物でありますよ。
でも大きいが雨が降るとプラットホームに雨が吹込むんだそうで手を加えるらしい

風の広場から眺めた梅田の貨物ヤード、大阪の一等地、まだまだ開発が進行中です。
㊧のビル梅田スカイビルです。

コンビニも、ファミマと世間の呼び方そのままの表記であります。

ノースゲートビルの東側(大丸梅田店からみて㊨)LUCUAと言うファッション関連専門店街。
実はここのsteteco.comで衝動買いをしてしまった。顛末はこちら

西側(大丸から見て㊧)伊勢丹三越
伊勢丹三越よりLUCUAの方がお客が多いとか。
それでも二つの集客力はスゴイのです、半端ではないようで。

関西テレビがチームバチスタ3のキャンペーンやってた。ハチエモン一人はしゃいでた。
ここからはヨドバシカメラも直ぐ側です。

他所からお越しの方は、こちらからお帰りになれます。
紀伊半島方面からお越しの方も帰れますぞ。

*伊勢丹三越もLUCUAも店内撮影禁止、悪しからず。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »