« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/28

時代祭顛末

京都の三大祭りの一つ、時代祭に行こうと。
当日が近づくに連れて天気予報が怪しくなってきた。
前日夜半には雨が・・・・。
当日も空模様は何時降ってきてもおかしくない状態。
雨天中止の場合は朝7時にHPで告示すると聞いてあったので、もしやと思って平安神宮のHPを覗いて見た。
そこには冷淡至極に「本日の時代祭は中止」と書かれてあった。
しかし、ツアー会社は、時代祭は中止になりましたがツアーは催行しますと。


時代祭中止が判っての時代祭ツアーが出発。
時代祭を除いた他のコースを予定通り行きますのでよろしくと。
中止される場合は時代祭指定席料金と昼食のキャンセル料差し引いて返金と致しますが、ど~しますか?
どうせロクには戻ってこないのなら行って湯豆腐でも食ってくるかと(10/24付参照)ブツブツ言いながらも誰一人キャンセルしなかったのです。
平安神宮に着いても雨の気配なし、青空も見える有様、またブツブツなんでこんな天気にやらねぇんだ!と。
どうせ中止なら降れよと、それなら諦めも付くがなんぞと、客も往生際が悪いのです。

開催されてりゃこの有料観覧席の何処かで座ってたモノを

応天門

大極殿、手前の植栽は右近の橘と左近の桜です。

泰平閣遠望、手前栖凰池

泰平閣は橋殿とも言われ屋根のある橋なんです。
ここに座して物思いに更けるのもよろしいかと。

尚美舘
平安神宮本殿裏側に10,000坪の神苑(南神苑、西神苑、中神苑、東神苑からなる)がある。
東神苑の中にある泰平閣と尚美舘。

表参道

大鳥居、根元の太さ4畳半分有るんだとか
結局、夕方迄雨の気配はなかった。
翌23日は、晴天で時代祭は行われた。
ところで平安神宮って意外に新しいのね、明治28年創建とある。
時代祭も三大祭りに列せられてるが一番人気がないとも聞いた。
そぞろ行列が続く、葵祭の変形みたいな感じがする。

幾ら物好きでも、連チャンで京都迄行く気にはなれなんだ、歳じゃー。

ツアー会社は来年リベンジに行きましょうと言ってたが行かぬよ、次なるターゲットは葵祭だ!





| | コメント (0)

2011/10/26

南禅寺(苔と枯山水)

ここは苔の楽園でもあるらしい。
南禅寺の境内アチコチに点在してます。
そう、ここは枯山水の庭園でも有名ですし、苔はこの手の庭園の必須のアイテムでもありますから。
ガイドの話では、結構な種類があるんだとか。

境内に入ってすぐの所に立ち入り禁止のスペースがあります。
苔を保護するための処置だとか。
過去に、修学旅行の生徒に踏み荒らされて危機に瀕したために取られた処置だとか。
拝観料を思い切り値上げして修学旅行生をシャットアウトしたとも。
今はどうかは知りませんが拝観料は世間並みに落ち着いてるようです。





庭の苔マクロで撮って見た。
苔とは思えない光景だ。
落ちてある紅葉、色づいてればもっと風情があったモノを。
最初の写真の場所で撮影した。

ここは枯山水の庭園も有名で、見学した方丈庭園も全て枯山水でした。

続きを読む "南禅寺(苔と枯山水)"

| | コメント (0)

2011/10/25

南禅寺三門(山門)

ここは紅葉の時期に今一度来て見たい場所だ。
南禅寺=湯豆腐なんて図式が頭の中に出来上がっておりまして、無教養にも程があるのですが。
境内勅使門横の入口から入ると紅葉が一杯、これは11月入ってくれば良い色に変わって見応えありそう。

入り口、ここは車も走り抜けるからビックリするよ。

三門、別名天下龍門と呼ばれてる。

日本三大門の一つ。近くの知恩院の三門と身延山久遠寺?

三門楼上に上がる階段、急坂だから上がるより下る方が怖そう。
踊り場の上にもう一つ急坂がある。
上りやすい様にロープの補助があるが、ご老人には不向きだ。
しかも交互通行だよ。

三門楼上の回廊、ここから京都の町が一望出来る絶景ポイントね。
内陣正面に宝冠釈迦坐像が祀られてる。
文安4年焼失、寛永5年藤堂高虎が再建した。
歌舞伎「楼門五三桐」の石川五右衛門の伝説で有名ね。
ガイドの話では、ここの四畳半の部屋に五右衛門が住んで居たとか。

撮影禁止とあった宝冠釈迦像、暗い中無理矢理盗撮、お陰でボケボケ。
悪いことは出来ぬ。

これも色づくと綺麗だと思うよ。

続きを読む "南禅寺三門(山門)"

| | コメント (0)

2011/10/24

錦秋の候

如何お過ごしでしょうか。
と言いたいところですが京の秋には些か早すぎた。
これから、寒くなってくると家庭でもこれが出てくることも多いでしょう。

南禅寺名物湯豆腐。
本日は、南禅寺近くの八千代なる京料理のお店です。
作りたての京豆腐に料亭仕込みの濃口湯豆腐の「たれ」で。
ごま豆腐、精進あげ、生湯葉などを賞味してきた。



意外にボリュウムがあったのには驚きました。
名高い南禅寺の湯豆腐、美味しゅうございましたよ。
更に舞妓さんの踊りや余興がプラスされれば雰囲気も我が家とは格段に相違するから美味くて当然?豆腐も違えば、タレだって特製だし。



寒くなれば我が家でも湯豆腐は定番です。
埼玉の只管豆腐(こんな高級豆腐が和歌山で買えるのです)使ってさ。
それがなければ京都服部の豆腐(これも和歌山で買える)で、と言いたいがそうは問屋が卸してくれないか。

湯豆腐の良い所は豆腐に味がつかない事ね。
湯通し?加減さえ間違わなければ美味しく食べられる。
但し、いくら美味い豆腐でも煮えたぎっては元も子もありませんが。
長く連れ添ってるかぁちゃんの味にスッカリならされてしまった己の味覚。
それでも、美味いモノは美味いと判りますよ。
それに「久保田」か「越乃寒梅」の熱燗でと言いたいところだが、下戸ゆえ精々アサヒのスタイルフリーかキリンの端麗で(ビールでなく発泡酒なのが悲しい)。

食欲の秋の一つの楽しみね。
もう少し寒くなって、南禅寺の紅葉が始まる頃行けば、更に美味いだろうね。
鞍馬も探索してみたい。嵐電にも乗りたい。

| | コメント (0)

2011/10/09

舞洲工場(その2)


このタワー擬きの構築物、金色に輝くてっぺんに上がれるのかと。
高さ120mも有るんだから、当然上から眺めて見たいよね。

側に行ってみたら、入れない。
煙突とは思えない佇まい。
ど派手な装飾と殆どダミーの窓。
点検用の階段は有りそうだが一般的には立ち入れない見たい。

続きを読む "舞洲工場(その2)"

| | コメント (0)

2011/10/04

舞洲工場(その1)

環境に配慮した工場で有ることは間違い有りません。
この風景で、誰がゴミ焼却場と思います?











スラッジセンターもそうですが、ここも見学を受け入れてる。
見学者用の駐車場が設けられてるのです。
内部は、紛れもなくゴミ焼却場ですし、多少臭い感じなくも無い。
しかし、焼却場と知らなければ気が付かないかも知れません。
その程度です。

清掃工場に窓は必要有りません、建物の大半の窓はダミーです。
でも佇まいはスラッジセンターより派手ね。
デザイナーのフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーは原色を多く取り入れた独特の世界観を持ってるとか。
赤は「炎」とか、カラーには色んな意味が込められてるんだって。
当日天気が良かったから余計派手に見えた。

お断りしておきますが、これは大阪市のゴミ焼き場なんですよ。

| | コメント (0)

2011/10/02

大阪市舞洲スラッジセンター

この建物見て何を思う?
まさか、こんなケバイ恋人達御用達の HOTELは今時無かろうが。
このケバさに、近場に有るユニバーサルスタジオと間違えて入ってくる人も結構有るんだとか。
新聞に、ここの所長の談話が有った。



こんな佇まい見て、誰も汚泥処理場とは思いませんよね(画像クリックで拡大)
ただ、北港の舞洲という場所柄住宅何ぞは見当たらず、有るのは事業所やトラックターミナル等の地味な建物群です。
後はオリンピック誘致名残の?舞洲スポーツアイランドが主ですね。
だから、このケバさ余計目立つのです。





特大の無駄遣いと批判を浴びた汚泥処理場です。
大阪市の下水汚泥集めて溶融スラグとして建設資材として活用してる。
このど派手な処理場は失敗に終わった大阪オリンピック誘致とカラミがあるそうな。
詳しいことは知りませんが。
前回の2つの構築物、実は煙突なのです。
この手の施設は臭いを伴うのが一般的ですが、無駄遣いと批判浴びたくらい資金つぎ込んでますから、設備は新鋭なのです。
煙も色は無いようですし、臭いも感じません。
そうなんです、汚泥はパイプ輸送だとか。
このスラッジセンターの横手には障害者の施設も有るくらいですから、環境的にも問題は無いのでしょう。

わざわざ行くほどでも有りませんが、近くに来た際には足を運んでもよろしいかと。
申し込めば見学も出来るとか。
多分団体に限ると思われる、個人ではダメとか誰かのブログに。
参考:スラッジセンターの詳細はこちら

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »