« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/30

紅葉の秋二題(その1日吉大社2)


日吉大社の山王鳥居。
鳥居の上に屋根擬きのモノが載かってるモノを初めて見た。
神仏習合の信仰を表す独特の形で合掌鳥居とも呼ばれてるんだそうな。

西本宮楼門、軒下の四隅に猿が楼門を守ってるのです。
これでは判りませんが。

東本宮

今まで気がつかなかったが、ここの神殿の屋根は寄せ木だ。
神社の建築って皆こんなん?

続きを読む "紅葉の秋二題(その1日吉大社2)"

| | コメント (0)

2011/11/25

紅葉の秋二題(その1日吉大社)

サクラにしても、紅葉にしても、今まで真っ盛りと言う時に出会ったことがない。
吉野のサクラも、地元のおっさんに葉ザクラ見に来たんかと冷やかされたし、更に根尾谷の薄墨桜、これも三分咲きと大雨。
紅葉だって小豆島の寒霞渓に行ったが、これも時期尚早だった。
サクラについては、ワシントンDCポトマック河畔の狙っても行き当たらない超満開に出くわし、溜飲をさげた。
紅葉はサクラほど酷くはないけれど、来て良かったなんて事にはお目に懸かってない。
今回も天気予報では雨模様、JR比叡山坂本駅から日吉大社まで雨中を20分も歩かされるのは叶わんなぁと思いつつ出かけた。
紅葉は遅れてるとの話も聞いてたから、期待半分で出かけた。
しかし、結果オーライ、雨も何とか降らずでありました。
恥ずかしながら、紅葉ってこんなに真っ赤になるとは知らなかったよ。
今回は久々のヒットでありました。

続きを読む "紅葉の秋二題(その1日吉大社)"

| | コメント (0)

2011/11/14

中之島公園バラ園

バラが満開(10/23)だった。
少し盛りを過ぎた様でしたが。
バラ園と言うだけあって、辺り一面がバラですから見応えはありました。
もう少し、時期が早ければと思ったが、それでも結構な人出でありました。
しかし、一輪にトリミングしたのは失敗だった。
雰囲気が異なってしまった。















これはバラ園の花ではありません。
この花は特殊な加工を施したドライフラワーです。
この深紅のバラは、当ブログに訪問頂いた皆さんに愛を込めて!












               

| | コメント (0)

2011/11/08

RUBBR DUCK

我が家の子供達が垂乳根のころ、入浴時浮かべて遊んでたのがアヒルのおもちゃでした。
先日、中之島公園のバラ園ゾーンに、これの巨大なのが浮かんでた。
高さ9.5m、幅9.5m、長さ11m。
オランダの若手アーティスト、フロレンタイン・ホフマンの作品です。
世界を旅するアヒルだそうな。
中之島公園には2009年に次いで今回の登場です。

続きを読む "RUBBR DUCK"

| | コメント (0)

2011/11/06

南禅寺方丈



龍吟庭と涵龍池





寒山拾得像

浴室守護仏、跋陀婆羅菩薩。仏の世界は色んな菩薩があるのね。
東司(トイレ)の仏は?と思ったら烏蒭(枢)沙摩明王(うすさまみょうおう)と言うのが有るそうな。

笑える本坊のトイレ、使い慣れない外人さん向けの説明図、何せJAPANESE- STYLEですから。
最も近年は我々の周りでも、JAPANESE- STYLEトイレはガラパゴス系みたいだから我が同胞向け(特に子供向け)でもあるんですな。
我が家の孫達はこの方式では出るモノも出ないといいますし(笑)

小堀遠州作庭の方丈庭園↓は禅院式庭園とありますが、この庭も禅院式なんでしょうか?

今時、無料で拝観出来る名所旧跡なんて無いのです。
何処に行っても拝観料が要ります。
これで、ある程度は維持管理の足しに役立ってるのでしょうかね。
それとも、拝観料取って立ち入りを制限する方が、傷みの抑止や、保持に役立つのかもね。←私的見解であります。




| | コメント (0)

2011/11/04

祇園花見小路界隈

曇天且つ夕闇迫る頃の祇園花見小路を歩いてみた。
ここは景観保存地域に指定された場所です。
なのに建仁寺手前に場外馬券売場のウインズが。
景観にそぐわないこと甚だしい。
それにウインズの警備員大勢が花見小路に展開してるのは戴けぬ。

道路に埋込まれた道路標識

お茶屋さん、表示してる表札全員舞妓さん?それとも芸者さんも居てる?



花見小路界隈、外国人も結構多い。

祇園甲部歌舞練場正門

建仁寺、花見小路のドン詰まりに位置する
よるバスって何?↓

続きを読む "祇園花見小路界隈"

| | コメント (0)

2011/11/01

水路閣

南禅寺の境内を水路閣が通ってるのです。
1888年建築された橋上を琵琶湖疎水の支流が流れる。
風化した赤煉瓦のアーチの連続が妙に南禅寺の雰囲気にマッチして良い感じなのです。
紅葉が始まると更に美しい光景を見せてくれるでしょうね。
















水路閣、上から覗くと意外に水量が少ない。
この疎水は何に使われてるんだろうかね、飲料水にしては濁ってるし。


続きを読む "水路閣"

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »