« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012/03/18

なばなの里(おまけ)

温室の天井から下がっていた見事なベゴニアです。
ベゴニアは2,000種余の原種と、その数倍の交配種があると言う事です。
木立性ベゴニア、根茎性ベゴニア、球根性ベゴニア、球根ベゴニア、レックスベゴニア、センパフローレンス、冬咲きベゴニア、エラチオールの8種類に分類されるんだそうな。
以下はつる性型(木立性ベゴニアの仲間?)であろうと思われます。
これだけ咲き誇ると、壮観です、無粋なワタクシでもホーと思いましたから。
ナンの案内もありませんので、これまた名前は分かりません。















ベゴニアの花の下で飲む一杯のコーヒーは、広大な「なばなの里」を歩き疲れた身には、程よい暖かさと相まって至福でありました。
外に出て震え上がったのでありますが。


| | コメント (0)

2012/03/16

なばなの里(その3)

この時期の、なばなの里のお目当てはこれ。
寒い時期は空気が澄んで綺麗に見えますから。

アイランド冨士と言います。
高さ45m迄上がるらしい。
乗らなかった、イルミネーションの点灯にタイミングが合えば素晴らしいと思う。
回転するから「なばなの里」全景が見渡せるし。









光のトンネル、長さ200m。
この人出、牛歩の歩、だいたい1時間は係ると言われてたが、バスの時間に間に合うのかと胆を冷やした。
ギリギリで、セーフ良かった。
急いでも前に行けません、流れに身を任すだけ。



辺りが闇ですから、電飾された物は綺麗に見えます。
話の種に一度行ってみたいと思ってたが納得した。
団体で行くと帰りの制約を受けますから、車で行かれるのがベターかもね。
バスが和歌山に辿り着いたのは23時を過ぎてました。
疲れた!

| | コメント (0)

2012/03/14

なばなの里(その2)

ベゴニアガーデンは温室だから良かった。
しかし、外は寒いしトイレは長蛇の列。
特に女性用は、近鉄うまいものフェアの「世界の山ちゃん」の行列を上回るかと思った。

続きを読む "なばなの里(その2)"

| | コメント (0)

2012/03/12

なばなの里(その1)

三重県桑名市にある「なばなの里」に行って来た。
一番のお勧めはベゴニアガーデンと聞いてたので覗いて見た。
何も考えず行ったが、ベゴニアって公開は季節限定なのね。
知らなかったが、結果オーライだった。
春と秋に公開されるらしい。
こんな大きな花が咲くとは思ってもみなかった。
ベゴニアガーデンで見掛けた物ですから、ベゴニア以外の物があっても私には判別出来ませんので悪しからず。


上は、球根ベゴニアと言うらしいが、個々の名称は判りませんです。

続きを読む "なばなの里(その1)"

| | コメント (0)

2012/03/08

見果てぬ夢

年末ジャンボに続いて、 東北大震災支援と5億円に引かれてグリーンジャンボなるものを買った。
当たる何て毛頭思っては無いが、復興支援に何某かの協力が出来ればと(表向き)崇高な気持ちであります(笑うな!) で、これを眺めてたら・・・・・。

妙齢のオジイが、これ本物ケーと。
まさか、こんな場所に本物置いてたらエライこっちゃで。
「そらそうやのう」と、このオジイとの会話でマズ当たらんと確信した。

意外に人出少なし。
まぁ売出しも半ば過ぎだし、ウィークデーだから、こんなものかと。
多少気抜けしたがね。
これは、年度別過去の高額当選の一覧です。
見てると、この売場も年々当選数が減少、斜陽化の波が・・・・・。


        
  
「TIME」の表紙にえべっさん、こんな事は起こるわけありません。
暇に任せてチョイ遊んでみました。

程なく1年です。
報道見ていても、未だに復興の目処が立たないようです。
神戸の時は1年経つと見違えるほどに復興してたが、東北はそうは見えない。
復興が進まないのは、東電の原発事故がネックなのでしょうか。
早期の復興を願ってやみません。


| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »